QRコード
QRCODE
PR
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
いとう整骨院

2016年08月03日

食生活について

日常で是非知っておいてもらいたい事を、簡潔に書いていこうと思います
ので時間のある方は読んでみて下さい。



まずは脂肪について。



脂肪はおもに飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つに分けられます。



今回は飽和脂肪酸について書いていきます。

飽和脂肪酸とは簡単に言えば室温で固まっている脂肪です。



具体的には、牛、豚、羊肉の脂身の部分、皮つき鶏肉、全乳、全乳製品(チーズ、バター、クリーム)等です。

又、植物性脂肪の中では、ココナツ油とヤシの実油が代表的な飽和脂肪酸です。

(ヤシの実油は別名バーム油と呼ばれ安価で酸化しにくい為、外食産業で盛んに使われています。)



この飽和脂肪酸、はっきり言って健康には良くありません。(ココナッツオイルは除く)



飽和脂肪酸は食事で摂ると肝臓を刺激し、大量のLDL
(悪玉コレステロール)を作らせることになります。


その結果、動脈壁を損傷(アテローム硬化)して、心臓血管系を損ない、
冠動脈疾患(狭心症や動脈硬化)のリスクを高め、血流の減少に
よって治癒力の低下を招きます。



まったく食べたらいけない訳ではなく、肉類は油の所はできるだけ
取ってしまい(鶏の皮も)乳製品も大量に食べすぎない様に
しましょう。又、外食もほどほどに・・・。



*飽和脂肪、不飽和?何が飽和で、不飽和なの?と思う人もいるかもしれないので!

脂肪酸は炭素原子と水素原子が結合した連鎖で、脂肪酸の分類は
その鎖の長さと、炭素原子の結合可能な手がすべて水素原子によって
占領されているかどうかで、すべて占領されているのが
飽和脂肪酸、結合手があまっているのが不飽和脂肪酸です。



結合手があまっているという事は酸素と結合し易い、つまり
酸化し易いという事です。

飽和脂肪酸は結合手があまってないので酸化しにくい為、外食産業で盛んに使われています
  


Posted by いとう整骨院 at 16:52Comments(0)食用油

2016年04月11日

変形性膝関節症





 坂の街長崎には膝に痛みを抱えている方が
 多くいらっしゃいます。

 日常生活すらままならない時、痛みを和らげる為に
 一時的に薬や注射に頼ることが必要な場合もあります。

 しかし、それだけでは痛みの原因は残ったままで、
 調子が良くなったからと、また歩いてはまた痛くなり、
 また痛み止め・・・の繰り返しで、膝への負担は
 どんどん増し、やがて変形してしまう事態をも招きかねません。

 こんなにひどくなる前に来院して下さっていれば・・・

 痛みを取る事は大事です。そして、それに並行して
 痛み(変形)の原因を取る事も大事です。

 多くの場合、膝の痛みの原因は膝以外の
 腰や股関節、足の重心の問題などにあります。

 変形が高度になると手術しか治療の方法がなくなってしまいます。

 そうなる前に、痛みの原因の根本的な治療を加えるべきです。

 将来を見据えた治療(一時的に痛みを止める治療ではなく)を
 ぜひ、お薦めします。  


Posted by いとう整骨院 at 13:04Comments(0)膝の痛み

2016年02月02日

胃薬について

胸やけがする。胃が重い。

そんな時手が出るのが胃薬。

でも、気を付けましょう。

胃薬が逆効果になっているかもしれません。

まず、胸やけ、胃が重くなる原因ですが多くは胃酸過多です。

当然胃薬はそれに対応して胃の酸を弱める働きがあります。

そして、もう一つの原因として胃酸の出が少なく胃の内容物を
消化しきれてない場合にも同じ症状が出てきます。

胃酸の分泌は20歳位をピークに下がっていき、4,50歳になると
ピークの半分位になってきます。

つまり、中年以降の胃の異常は胃酸の分泌不足が原因になっている可能性が高いわけです。

そこの所をしっかりおさえて胃薬を服用しましょう。

ちなみに、私は塩酸のサプリを食事後に飲んで調子がいいです。


  


Posted by いとう整骨院 at 17:41Comments(0)胃薬

2015年12月16日

果物に注意!

12月に入り、ストアーにみかんが沢山出てきました。
今のみかんは昔と違いどれも美味しいですねー。(^.^)

美味しすぎてついつい食べ過ぎてしまいます。

でも果実は食べ過ぎて肥満の原因になり易い食品です。

果実の甘さはフラクトースという糖でカロリーは結構高めです。

問題はこのフラクトース
 
他の糖に比べて食べ過ぎても血糖値があまり上がりません。
つまり、食べても血糖が上がらないので満腹感が得られません。

結果、食べ過ぎてしまいます。

そしてこのフラクトースは中性脂肪に置き換えられて
お腹周りにしっかりストックされます。

確かにビタミンCが豊富でメリットも多いですが
食べ過ぎには注意しましょう。(^_-)



  


Posted by いとう整骨院 at 18:04Comments(0)果実

2015年11月19日

チョットした習慣が

50代の女性が右の首の痛みで来院されました。

レントゲン検査で異常なし。マッサージに行っても
すぐに痛くなり最近は夜も寝れないとのこと。

私も何回か施術しましたが、またすぐに痛くなります。

そこで30分位かけて、いろいろプライベートの事を聞ける範囲で
お伺いしました。

そこで出てきたのが、「携帯を毎日3時間位、右側で
使っている」でした。

そこでハンズフリーのイヤホンマイクを使ってもらい
右手を使わず、携帯も頭に近づけないようにしてもらいました。

やはりそれが原因だったらしく、右の首の痛みは消失しました。



また、40代の女性が右の親指の痛みで来院されました。

やはりレントゲン検査で異常なし。ずっとシップしていましたが
痛みが治まらない為、当院に来られました。

何回か施術を行いましたが、あまり変化がないので、
少し詳しく日頃の生活を聞いていきました。

この女性の痛みの原因は、夜寝付くまで必ず本を読む
習慣があり、その時右手で持って読む為、親指に負担が
かかっていたのが原因でした。

その習慣を止めると痛みもなくなりました。

この様に毎日のちょっとした習慣が痛みの原因になっている場合
も多々ありますよ。(^_-)





  


Posted by いとう整骨院 at 12:53Comments(0)習慣

2015年10月24日

手首痛、原因は?

数ヶ月前から手首に痛みが有りシップでしのいでいる女性の方が見えられました。

レントゲンでは異常はないため、時間と共に治るだろうと思っていたのですが、
治らないまま数ヶ月が過ぎ整骨院にみえられました。

手首だけを診ると筋肉のバランスが悪く関節のアライメントが狂っています。

仕事内容や生活習慣などお伺いしても原因に繋がる様なことはありませんでした。

しかし、必ず原因は有りますので範囲を広げて診ていきました。

結果、原因は足の第1,2指の関節の歪みでした。

それが体重のバランスを崩し、腰へ、更に背中から肩、そして腕、
最終的に手首へと影響していました。

ですから、いくら手首だけ治療しても一時的には好転しますが
原因は別に有るのでまた痛くなります。

ここまで負傷部位とその原因部位が離れているのも珍しいのですが
負傷部位=原因とは限りません。どちらかと言えばそうでない方が
多いです。

ここがこの仕事の面白い所でもあり、難しい所でもあります。(^.^)




  


Posted by いとう整骨院 at 20:52Comments(0)ポリフェノール

2015年10月07日

揉んではダメ

痛い所、こった所にはつい手がいって揉んだりしてしまいます。

しかしこれは逆効果の場合があります。

こっている所(筋肉が堅くなっている所)は筋肉が縮んで硬くなっている場合と
伸ばされて堅くなっている場合の2種類があります。

縮んでいる筋肉を揉みほぐすのはいいのですが、
案外痛みの出ている所は伸ばされて堅くなっている場合が多いです。

この伸ばされて堅くなっている場所を揉んだレすると、更に伸ばされて
バランスはくずれ症状は悪化します。

ここの見極めはやっぱりプロでしか解からないと思います ので

なかなか治らない時は、専門医に任せましょうね。(^_-)



  


Posted by いとう整骨院 at 19:19Comments(0)肩こり

2015年09月11日

膝の痛みについて

膝を痛めた方を診ていて感じることがあります。

それは、ほとんどの膝痛は膝以外に原因があるということです

外力が加わって痛めた(転倒した、ラグビー等でタックルされた、格闘技等)以外は
ほぼ100%膝以外に原因があります。

勿論、半月板損傷や軟骨がすり減って痛みが出ている訳ですが
これは結果であり、その様な症状が出ざるを得ない理由が必ずあります。

この根本的な原因を排除しない限り一時的に良くなってもまたいずれ再発します。

膝だけの治療でなかなか改善しない方は、本当の原因は別の所に在るのかもしれません。




  


Posted by いとう整骨院 at 16:10Comments(0)膝の痛み

2015年07月30日

ポリフェノールについて

最近の健康ブームでサプリメントのCMをよく見かけます。

結構、首を傾げるものも多々あるようですね~。

その中でもポリフェノール(アントシアニン、リコピン・・・)などの、
抗酸化作用は、化学的根拠もありエビデンスもあるようです。

しかし、過剰に摂取し過ぎるとマイナスに働きますよ!

体の中で過剰になったポリフェノールは最終的フェノールという
化学物質になります。

フェノールの代表的なものが安息香酸です。

安息香酸!聞いたことあるでしょう?

これは、食品添加物としてよく使われています。
しかも発がん性の噂もちらほらと聞こえてきてる物質です。

(あ、でも過剰に摂取しなければ大丈夫ですよ。)

もし、腹部膨満感、おならが激しい、便秘気味、貧血様症状が有り
何かのポリフェノールを多めに取っていましたら、しばらくポリフェノールの
摂取を止めて様子を観察してみましょう。

症状の背景にポリフェノールが関わっている場合、症状が一変する人も
いらしゃるみたいです。(^_^)v




  


Posted by いとう整骨院 at 21:26Comments(0)ポリフェノール

2015年07月07日

低速回転ジューサーのすすめ

最近、低速回転ジューサーというものが出てきてますね。

これは、高速とはどう違うんでしょうか?

高速回転ジューサーには2つのデメリットがあります。

一つは、ステンレスの刃が高速で回転して素材に接触するために
プラスの電子を荷電します。
つまり静電気をためている状態を作ってしまうことにより、
素材が本来持っている抗酸化能力のマイナス電子が奪われてしまいます。
(果実の持っているビタミンCの作用が損なわれる。)

もう1つは、高速で回転する為に、微細な泡が発生します。
この泡がはじけることで細胞が酸化作用を受けてしまいます。
(これも、抗酸化作用にマイナスに働きます。)

以上、簡単ですが「低速回転ジューサーのすすめ」でした。(^^)v



  


Posted by いとう整骨院 at 19:27Comments(0)ジューサー

2015年07月02日

座いすはダメ!

今回は座いすの弊害について。

家でTVとかを観る時、座いすを使われている人は、
多いと思います。

確かに楽ですね~face02

でも、体には悪いんですface09キッパリ

まず、言うまでもなく腰、背中が丸くなります。
腰痛、肩こりの原因です。

問題となるのはこの後です。

腰、背中が丸いのでそれを補う為に、首が過度に反ってきます。

これが大きな問題の原因となります。

まず、頭痛、めまい、耳鳴りが起こりやすくなります。

これらの症状は病院に行っても恐らく、原因は特定できないと思います。

また、顎関節症の症状も出やすくなります。

更に進むと、肩、、背中のしびれを伴った痛み。

このしびれが次第に指先の方まで広がってきます。

最悪、頸椎脊柱管狭窄症となり、手術適応となりかねません。

頸椎脊柱管狭窄症とは、腕に行く神経が根元(神経の出口)で
圧迫されて腕に色々な症状が出てくるものです。

他にもまだいろいろな問題が出てきます。

※座いすを使っていなくても同じような姿勢をとっていれば同様です。
 例えば足を伸ばして床にペタット座ったり、
 足が有るイスに座っていても足のせ等に膝を伸ばして座っていれば
 同じ症状が出やすくなります。



  


Posted by いとう整骨院 at 12:25Comments(0)座いす

2015年06月27日

ネガティブリスト

今回はNGな姿勢とその簡単な理由を書いていきます。

・イスに座る時に足を組む。
   これはよく言われますね。骨盤が歪み股関節が捻じれます。

・床にペタッと足を伸ばして座る。(座いす等も)
   腰と背中が丸くなります。
   これは結構色々な症状の原因になります。(腰痛、肩こり、
   はもとより、頭痛、目まい、耳鳴り、膝痛…)

・長時間の横座り。
   股関節が捻じれます。

・フカフカのソファー。
   腰が丸くなります。

・イス等に浅く座り背もたれにもたれかかっている人。
   腰、背中が丸くなります。

・TV等を観る時、片肘ついて横向きで観る人。
   背中、首が捻じれ痛みの原因になります。

まだまだ有るのですが、一般的に多いパターンをあげました。

最後に、簡単に今の姿勢善し悪しがわかる方法があります。

手を腰の方に回して骨盤の上(腰椎)を触ってみて下さい。
そこが(腰椎が)お腹側に反っていれば恐らくあなたの姿勢は、
バランスがとれています。
(^^)v



  


Posted by いとう整骨院 at 21:27Comments(0)ネガティブリスト

2015年06月23日

風が吹けば桶屋が儲かる

昨日、高校生の女の子が手首が痛いと言って来られました。

レントゲン検査では異常がなくシップを頂いたそうですが
痛みが取れないと来院されました。

この女性の手首の痛み、結論から言うと腰がおおもとの原因でした。

腰に痛みはないのですが、
腰の動きの悪い所を背中でカバーし、そこが硬くなり
背中から肩、ひじ、手首と影響していました。

この様な、痛い所とその原因が離れているパターンは
結構見受けられる事です。

腰が歪めば手首が痛がる。(^_^)



  


Posted by いとう整骨院 at 12:44Comments(0)膝の痛み

2015年06月17日

顔のしわについて

顔のしわが気になってきてる人face10

顔の筋肉、どこと繋がっていると思います?

解剖でSuperficial Back Line(浅後線)という
筋肉の繋がりがあります。

これは足の裏から始まって、ふくらはぎ、太もも、
腰、背中、首、最後に頭を後ろから前にクルット回って
眉の所まで来ています。

と、いう事は、このラインを緊張をキープすることにより
顔の筋肉も上へ引っ張られます。

つまり、自然な顔のリフトアップになります。face02

この、ラインの緊張をキープするには、背筋を伸ばせばOK。

周りの人をチョット観察してみて下さい。(ガン見はダメ)

背中や腰が丸い人はシワが多く、
背筋をいつも意識して伸ばしている人は
少ないはずです。(^_-)





  


Posted by いとう整骨院 at 13:04Comments(0)パフォーマンスしわ

2015年06月10日

身体のパフォーマンスを100%発揮する。

身体のパフォーマンスを100%発揮するために!


先週は高総体、今週末は中総体…とスポーツを頑張っている
学生の皆さんには一番真価を問われる時期ですね。

日頃 中・高校生を診ていて思う事があります。

せっかく恵まれた資質を持ちながら、体の歪みや悪い姿勢の
せいで筋肉の力を100%使えていないとゆうこと…

実にもったいない↘(-_-;)

筋肉が正常に働いていないと、関節の動きが悪くなりケガも
しやすくなります。

一度自分の体をチェックしてみませんか❔

日頃の姿勢や、個々に応じた日常生活での注意点もアドバイス
します❢❢

もちろん!学生さんだけでなく一般の方もどうぞ…(^.^)
 
いままで日々努力して鍛えた筋肉を是非!100%生かしましょう❢

そのお手伝いをさせていただきます❕❕





  


Posted by いとう整骨院 at 11:20Comments(0)パフォーマンス

2015年06月05日

小顔効果!

簡単なやり方で小顔になる(正確には見える)方法があります。

それは、背中を伸ばして、顎を後ろに引きます。

これだけ!

簡単でしょ。(^_-)

これは、遠近法の応用で、
背中が丸くて首も曲がっている人は、
顔が体の位置より前に有る為、前にいる人から見たら
体より顔が近くに有るので、体との対比で顔が大きく見えます。

それと逆に

背筋を伸ばして顎を引くことにより、顔の位置が後ろへ下がる為、
体との対比で顔が小さく見えるというわけです。

数センチの違いですが、結構インパクトが違います。

鏡の前でやってみて下さい。

言っている意味が解ると思います。(^^)v





  


Posted by いとう整骨院 at 20:50Comments(0)小顔

2015年06月03日

たかが腹筋されど腹筋

例えば、座ってる状態から立つ時
また、立っている状態から物を拾うなど体を曲げる時
最初に働く筋肉はなんだと思います?

タイトルから予想できますが腹筋です。

腹筋群が収縮することにより、骨盤の安定性が高まり
次の動きに対応します。

もし腹筋が弱くなり骨盤が安定しない状態で動くと
いわゆる「ぎっくり腰」になるリスクが高まります。

腰が弱い人は少しずつでいいですから腹筋運動をしましょう。

腹筋を鍛えるという事は腰に超高性能のコルセット
付けているという事です。

しかし、くれぐれも無理は禁物ですよ。(^^)v




  


Posted by いとう整骨院 at 12:37Comments(0)腹筋

2015年05月31日

足の自己チェック

足の指、膝、股関節等を痛め易い、
又はふくらはぎがつりやすい、足が疲れやすい等を感じている方。

簡単ですので、一度、足のチェックをしてみて下さい。

床に足を前に伸ばしてペタッと座ります。

この時の足の指の方向を見て下さい。

正常な場合、片側30°づつ外側に開いているはずです。



異常が有る場合は、足先が外に傾かず真っ直ぐ上向きか、
更に内を向いている方も、結構いらしゃると思います。(特に女性)



下の写真の様な方は足の重心が狂っている可能性が高く
足は勿論、最初に書いたいろいろな場所に症状が出てきます。

足腰に慢性の問題が有る方は一度チェックしてみて下さい。(^_-)



  


Posted by いとう整骨院 at 19:02Comments(0)

2015年05月28日

脱水症状

日々暑くなり熱中症もちらほら出てきているみたいです。

その症状の一つに脱水があります。

この脱水、、二つのパターンがあります。

一つは高張性脱水
これは発汗やそれに伴う水分不足で起こります。

もう一つは低張性脱水
これは水分の不足以上に電解質が失われた状態です。

一つ目の高張性脱水は水分を取ればいいのですが
二つ目の低張性脱水は水分のみでなく電解質も補給する必要があります。

また高張性に比べてのどの渇きを伴いにくく、初期の自覚症状が少ないのも特徴です。

低張性脱水は水分と一緒に電解質(ナトリウム、カリウム等)をとります。

ナトリウムは言わずと知れた塩です。

カリウムは言わないと知らない、りんご、バナナ、いちご等に多く含まれています。

ですので、水飲みながら塩をなめ、果実を食べればOKです。

ここで注意しなければいけないのがスポーツドリンクです。

スポーツドリンクは予防にはいいのですがナトリウム濃度が低い為、、
脱水症状が有る方には、水中毒の危険があります。(>_<)

この場合、経口補水を使用するべきです。
(経口補水を説明すると長くなるのでネットで見て下さい)

余談ですが、これらを全て満たしている飲み物?が味噌汁です。(^.^)
昆布だしのわかめの味噌汁はナトリウムやカリウムがたっぷり入っています。




  


Posted by いとう整骨院 at 12:52Comments(0)脱水症状

2015年05月24日

膝の痛みの原因は膝以外!

膝に痛みを持っている方は多いと思います。

その原因はタイトルにも書いていますが、
膝以外に原因があることがほとんどです。

一番の原因は腰、次に多い原因は足首のバランス、
あと股関節の問題、その他、筋肉のバランス、足の体重移動の問題などが
単独又は複数重なって膝へ負担をかてけます。

これらを一つずつクリアしていくことにより
治癒へと導くことが可能になります。

そして、これらの原因は必ず日常生活に起因しているので、
そこも見直す必要性があります。(^_^)



  


Posted by いとう整骨院 at 20:04Comments(0)膝の痛み